プロフィール
オルケスタ・デ・タスケルオ
南国和歌山育ちのLatin BigBand『オルケスタ・デ・タスケルオ』。スタンダードなラテン音楽はもちろん、軽快なダンスナンバーやJAZZにRockにフュージョンに歌謡曲までラテンにアレンジしてお届けしています。メンバーは約20名。ちょっぴり控えめで恥ずかしがり屋さんが多いMen'sチーム、美人揃いの女子チームが融合する癒し系ビッグバンド。実力はないけれど、脱力ならおまかせ!どうぞ肩肘張らずにお楽しみください。
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2011年02月14日

一夜限りの・・・・

オルケスタ・デ・タスケルオの演奏ではありませんが、個人的に結婚披露パーティに出席してきました~♪


なんでもバーテンダーさんがビンを振り回しながら(?)カクテルを作る作業のBGMとして、1曲だけの生演奏のメンバーに知らぬ間に抜擢されておりました(笑)

ということで会場のPREGOさんへ。
7人編成のアンサンブルらしいのですが、他の方々は同じ吹奏楽バンドのメンバーのようで、そこへちょっぴり場違いな私・・・・

初対面のご挨拶を済ませ早速リハ。いや~こういうアンサンブルには不慣れなもので、いつものラテンの『ダダダダァーー!!』な雰囲気や『パァーーーン!!』な音色(なんだそりゃ)とはまるで勝手が違います。息の合った他のメンバーの方々の邪魔にならないように音量半減(汗)。みなさん素晴らしいです。なんせ音が綺麗! 


そうこうしているうちに開場です。

あれ・・・向こうに座っている女性。ウチのメンバーのゆうこりんにソックリ。


と、おもいきや・・・


 

ゆうこりんでした!世間は狭い!!

本番はバーテンダーさんとの時間もピッタリで、演奏もなかなか良かったんじゃないでしょうか?

いくつかのバンドが演奏を繰り広げ、トリはこれまた素晴らしいプロボーカリストのtaraB(タラビー)さんが登場。リハの時からお帰りになられるまで、ず~っと気さくでキュートなオーラでキラキラ。会場はtaraBさんから放たれるその独特の世界に引き込まれておりました。



 

何故かキーボードにもマイクが用意され、一緒に唄っているタスケルオメンバー・・・
当日の直前リハが初対面ですが、図々しさ全開!!(笑)

ということで無事終了。

楽屋で一夜限りのバンドの解散式を行い記念撮影。
 
お顔出しの許可を頂いたら『バンバン載せて!』とのことでした♪
残念ながらお名前が全然判らないので、もしご本人様が御覧になられましたらご連絡くださいませ。


それから・・・許可を頂戴し忘れたのでお写真は載せておりませんが(あ、微妙に写ってる・・・)、いつもタスケルオのライブにお越しいただいている新婦のカオリ様。
次回は是非ご夫婦で~♪ 末永くお幸せに!
  


Posted by オルケスタ・デ・タスケルオ at 03:04Comments(8)≪活動日記(メイン)≫