プロフィール
オルケスタ・デ・タスケルオ
南国和歌山育ちのLatin BigBand『オルケスタ・デ・タスケルオ』。スタンダードなラテン音楽はもちろん、軽快なダンスナンバーやJAZZにRockにフュージョンに歌謡曲までラテンにアレンジしてお届けしています。メンバーは約20名。ちょっぴり控えめで恥ずかしがり屋さんが多いMen'sチーム、美人揃いの女子チームが融合する癒し系ビッグバンド。実力はないけれど、脱力ならおまかせ!どうぞ肩肘張らずにお楽しみください。
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人

2013年09月30日

観察記録

皆さんコンニチワ。

いや~すっかり涼しくなりましたね~♪
前回の「ビアガーデン」なんて嘘のよう。朝晩なんてヒンヤ~リ・・・


夏だぜ!ラテンだぜ!と夏場を駆け抜けたタスケルオも、「ちょっぴりお疲れ」なのか「燃え尽き症候群」なのか9月に入って少しバテておりましたが、この涼しさのおかげでV字超回復。コンサートを経てまた一回り大きくなったなぁ・・・・と練習風景を目を細めて観察しておりました。






事象①

『サマーコンサート後に電撃入団した新人ドラマーさんの叩きっぷりが男前』

 
ジブリを辞めて少し道をハズした「パズーの10年後」みたいな感じです。

もうシータは他の男の元へいきました。

でもなんかカッコいいです。

ぶらくりスイング、乞うご期待!!!













事象②

『終わらないリサコ嬢の夏』

昨日の練習で、まだトロンボーンに「真っ赤なハイビスカス」が突き刺さっておりました。「もうコンサートは終わりましたよぅ~」って誰か教えてあげてください。









事象③

『不意打ちに、ブラス隊1センチ飛ぶ』

ちえちゃんが全く関係のないポイントで、異常な大音量で一発だけティンバレスを叩くので、その度にブラスのメンバーが「ビクっ!」ってなる。


しかも見た目が、風呂上がりのOL。











事象④

『キーボードのみぃさんが練習場の扇風機の首根っこを引きちぎる』

一瞬、扇風機を食べているのかと勘違いした。








事象⑤

『コンガ田中さんのテンションがときどき「林家パー子」並み』


でもそんな嬉しそうな田中さんの姿を見るのが、メンバーは大好き。












タスケルオって、知れば知るほど奥が深い・・・・・

  


Posted by オルケスタ・デ・タスケルオ at 10:45Comments(0)≪活動日記(メイン)≫